Windowsコンポーネント

[GP]「ユーザーによるインストール制御を有効にする」で利用されているレジストリ

こんにちわ。

今回は、
「ユーザーによるインストール制御を有効にする」で利用されているレジストリについてです。

1.グループポリシー
コンピューターの構成>管理用テンプレート>Windowsコンポーネント>Windows インストーラー

2.保存場所
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Windows\Installer
Logging(REG_SZ)
i - 状態メッセージ
w - 致命的ではない警告
e - すべてのエラー メッセージ
a - アクションのスタートアップ
r - 特定のアクションの記録
u - ユーザーの要求
c - UIパラメーターの初期値
m - メモリ不足
p - ターミナルのプロパティ
v - 詳細出力
o - ディスク容量不足メッセージ
x - 詳細デバッグ情報

「iwearucmpvox」と入力するとすべてログに記載されますがインストールに時間がかかります。

とのこと。

インストールごとに Windows インストーラーがトランザクション ログに記録するイベントの種類を指定します。ログ ファイル MSI.LOG はシステム ボリュームの [Temp] ディレクトリに表示されます。

このポリシー設定を有効にした場合、Windows インストーラーによって記録されるイベントの種類を指定できます。記録するイベントの種類を指定するには、その種類を示す文字を入力してください。入力する順番と数は任意です。

ログを無効にするには、ボックスの文字をすべて削除してください。

このポリシー設定を無効にした場合、または構成しなかった場合は、"iweap" という文字で示される既定のイベントが Windows インストーラーによって記録されます。

とのことで。

う~ん。
インストールで失敗したりする場合は原因特定に有効かもしれません。

ではでは。

良かったら

もし、参考になりましたら、下記リンクよりなにか購入していただいたらうれしいです。購入いただいた商品の売り上げの一部が当サイトへ還元されます。

還元された金額は当サイト運営費用の一部に充てさせていただきます。

楽天市場

Amazon

Yahoo!ショッピング

-Windowsコンポーネント
-,

© 2021 Windowsレジストリ置き場