Windowsコンポーネント

[GP]「スリープボタンの操作を選択する(電源接続時)」で利用されているレジストリ

今回は、
「スリープボタンの操作を選択する(電源接続時)」で利用されているレジストリについてです。

1.グループポリシー
コンピューターの構成>管理用テンプレート>Windowsコンポーネント>システム>電源の管理>ボタンの設定

2.サポートされるバージョン
Windows Vista 以降

3.保存場所
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Power\PowerSettings\96996BC0-AD50-47EC-923B-6F41874DD9EB
ACSettingIndex(REG_DWORD)

[何もしない]:0
[スリープ] :1
[休止状態] :2
[シャットダウン]:3

となります。

このポリシー設定では、ユーザーがスリープ ボタンを押したときに Windows が実行する動作を指定します。

実行可能な動作は次のとおりです。
- 何もしない
- スリープ
- 休止状態
- シャットダウン

このポリシー設定を有効にした場合は、動作を選択する必要があります。

このポリシーを無効にした場合、または構成しなかった場合は、ユーザーはこの設定を表示して変更できます。

とのことで。

ではでは。

-Windowsコンポーネント
-,

© 2020 Windowsレジストリ置き場