Windows 10 Windows 7 Windows 8.1

[IE]「サーバーの証明書失効を確認する」レジストリ

今回は、
[IE]「サーバーの証明書失効を確認する」で利用されているレジストリについてです。

ユーザーの構成>管理用テンプレート>Windowsコンポーネント>Internet Explorer>インターネット コントロール パネル>詳細設定

1.保存場所
HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Internet Settings

サポートされるバージョン:
Windows 2003 Service Pack 1 の Internet Explorer 6.0 以降

値:
CertificateRevocation(REG_DWORD)

有効:1
無効:0

このポリシー設定を使うと、サーバーの証明書の失効状態を確認するかどうかを管理できます。証明書は、危害を受けたか、有効ではなくなった場合に失効されます。このオプションを使うと、詐欺目的であるか、安全ではない可能性があるサイトにユーザーが機密データを送信するのを防ぐことができます。

このポリシー設定を有効にすると、サーバーの証明書が失効したかどうかが確認されます。

このポリシー設定を無効にすると、サーバーの証明書が失効したかどうかが確認されません。

このポリシー設定を構成しなかった場合、サーバーの証明書が失効したかどうかが確認されません。

ではでは。

良かったら

もし、参考になりましたら、下記リンクよりなにか購入していただいたらうれしいです。購入いただいた商品の売り上げの一部が当サイトへ還元されます。

還元された金額は当サイト運営費用の一部に充てさせていただきます。

楽天市場

Amazon

Yahoo!ショッピング

-Windows 10, Windows 7, Windows 8.1
-

© 2021 Windowsレジストリ置き場