InternetExplorer

[IE]「オンデマンドのインストールを許可する(Internet Explorer)を除く」レジストリ

今回は、
[IE]「オンデマンドのインストールを許可する(Internet Explorerを除く)」で利用されているレジストリについてです。

ユーザーの構成>管理用テンプレート>Windowsコンポーネント>Internet Explorer>インターネット コントロール パネル>[詳細設定]ページ

1.保存場所
HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Internet Explorer\Main

サポートされるバージョン:
Windows 2003 Service Pack 1 の Internet Explorer 6.0 のみ

値:
NoWebJITSetup(REG_DWORD)

有効:0
無効:1

このポリシー設定を使うと、Web ページを意図されたように表示するために必要で、Internet Explorer に登録される自己インストール型のプログラム ファイル (Windows Media Player、Macromedia や Java などの Internet Explorer ではないコンポーネント) をダウンロードしてインストールするかどうかを管理できます。

このポリシー設定を有効にすると、Internet Explorer ではないコンポーネントが必要に応じて自動的にインストールされます。

このポリシー設定を無効にすると、Internet Explorer ではないコンポーネントがインストールされるときにユーザーにメッセージが表示されます。

このポリシー設定を構成しなかった場合は、Internet Explorer ではないコンポーネントが必要に応じて自動的にインストールされます。

ではでは。

-InternetExplorer
-,

© 2020 Windowsレジストリ置き場