InternetExplorer

[IE]「スクリプトエラーを表示する」レジストリ

今回は、
[IE]「スクリプトエラーを表示する」で利用されているレジストリについてです。

ユーザーの構成>管理用テンプレート>Windowsコンポーネント>Internet Explorer>インターネットの設定>詳細設定>ブラウズ

1.保存場所
HKEY_CURRENT_USER\Software\Policies\Microsoft\Internet Explorer\Main

サポートされるバージョン:
Internet Explorer 7.0 以降

値:
Error Dlg Displayed On Every Error(REG_SZ)

有効:yes
無効:no

このポリシー設定では、スクリプトの問題のためにページが正しく表示されないときに、スクリプト エラーを表示するかどうかを指定します。この機能は既定ではオフになっていますが、開発者が Web ページをテストする際に役立ちます。

このポリシー設定を有効にすると、スクリプトの問題のためにページが正しく表示されないときに、スクリプト エラーが表示されます。ユーザーはこのポリシー設定を変更できません。

このポリシー設定を無効にすると、スクリプトの問題のためにページが正しく表示されないときに、スクリプト エラーが表示されません。ユーザーはこのポリシー設定を変更できません。

このポリシー設定を構成しなかった場合、ユーザーはスクリプト エラーを表示するかどうかを指定できます。

ではでは。

良かったら

もし、参考になりましたら、下記リンクよりなにか購入していただいたらうれしいです。購入いただいた商品の売り上げの一部が当サイトへ還元されます。

還元された金額は当サイト運営費用の一部に充てさせていただきます。

楽天市場

Amazon

Yahoo!ショッピング

-InternetExplorer

© 2021 Windowsレジストリ置き場