InternetExplorer

[IE]「データ URI サポートを無効にする」レジストリ

今回は、
[IE]「データ URI サポートを無効にする」で利用されているレジストリについてです。

ユーザーの構成>管理用テンプレート>Windowsコンポーネント>Internet Explorer>セキュリティの機能

サポートされるバージョン:
Internet Explorer 8.0 以降

1.保存場所
HKEY_CURRENT_USER\Software\Policies\Microsoft\Internet Explorer\Main\FeatureControl\FEATURE_DATAURI

値:
iexplore.exe(REG_SZ)

データ:
有効:0
無効:1

となります。

このポリシー設定では、データ URI サポートを有効にするかどうかを選択できます。データ URI を使用すると、Web 開発者は URL 本体に画像と .css ファイルをカプセル化でき、オプションで Base 64 エンコーディングを使用してエンコードできます。カプセル化されたデータは、悪意のあるソフトウェアやその他のネットワーク ベースのフィルターでは適切にフィルターされません。

このポリシー設定を有効にすると、データ URI サポートは無効になります。データ URI サポートがない場合、データ URI はエラーのある URL と解釈されます。

このポリシー設定を無効にすると、データ URI サポートは有効になります。

このポリシー設定を構成しない場合、レジストリでデータ URI サポートを有効にするかどうかを選択できます。

ではでは。

良かったら

もし、参考になりましたら、下記リンクよりなにか購入していただいたらうれしいです。購入いただいた商品の売り上げの一部が当サイトへ還元されます。

還元された金額は当サイト運営費用の一部に充てさせていただきます。

楽天市場

Amazon

Yahoo!ショッピング

-InternetExplorer

© 2021 Windowsレジストリ置き場