InternetExplorer

[IE]「インターネット一時ファイルおよびCookieを削除できないようにする」で利用されているレジストリ

今回は、
[IE]「インターネット一時ファイルおよびCookieを削除できないようにする」で利用されているレジストリについてです。

ユーザーの構成>管理用テンプレート>Windowsコンポーネント>Internet Explorer>閲覧履歴の削除

サポートされるバージョン:
Internet Explorer 5.0 から Internet Explorer 7.0 のみ

1.保存場所
HKEY_CURRENT_USER\Software\Policies\Microsoft\Internet Explorer\Control Panel

値:
Settings(REG_DWORD)

データ:
有効:1
無効:0

となります。

このポリシー設定を使うと、インターネットの閲覧履歴に関連するインターネット一時ファイルや Cookie を管理できます。これらを削除するには、Internet Explorer の [ツール] メニューの [インターネット オプション] をクリックして、[閲覧の履歴の削除] をクリックします。

このポリシー設定を有効にすると、ユーザーはインターネット一時ファイルや Cookie を削除できなくなります。

このポリシー設定を無効にするか、または構成しない場合は、ユーザーはインターネット一時ファイルや Cookie を削除できます。

ではでは。

-InternetExplorer

© 2020 Windowsレジストリ置き場