システム

[GP]「[パスワードの変更]を削除する」で利用されているレジストリ

今回は、
[GP]「[パスワードの変更]を削除する」で利用されているレジストリについてです。

ユーザーの構成>管理用テンプレート>システム>Ctrl + Alt + Del オプション

確認バージョン:
Windows 2000 以降

1.保存場所
HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Policies\System

値:
DisableChangePassword(REG_DWORD)

データ:
有効:1
無効:0

このポリシー設定を使用すると、ユーザーは自分の意志で Windows のパスワードを変更できなくなります。
このポリシー設定を有効にした場合、Ctrl + Alt + Del キーを押したとき、[Windows セキュリティ] ダイアログ ボックスの [パスワードの変更] ボタンは表示されません。
ただし、システムによってパスワードを変更するように要求されたときには、ユーザーはパスワードを変更できます。管理者が新しいパスワードを必要とするとき、またはパスワードの有効期限が切れるとき、システムにより新しいパスワードの入力を要求されます。

となります。

ではでは。

-システム
-, , , ,

© 2020 Windowsレジストリ置き場