Windowsコンポーネント

[GP]「メディア ソースがシステム特権でインストールされているときユーザーが使用できるようにする」で利用されているレジストリ

こんにちわ。

今回は、
「メディア ソースがシステム特権でインストールされているときユーザーが使用できるようにする」で利用されているレジストリについてです。

1.グループポリシー
コンピューターの構成>管理用テンプレート>Windowsコンポーネント>Windows インストーラー

2.保存場所
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Windows\Installer
AllowLockdownMedia(REG_DWORD)
1:有効
0:無効

となります。

このポリシー設定を使用すると、システム特権を使ったインストールを実行中に、ユーザーがリムーバブル メディアからプログラムをインストールできるようになります。

このポリシー設定を有効にした場合、インストール プログラムがシステム特権を使って実行されている場合でも、すべてのユーザーがフロッピー ディスクや CD-ROM などのリムーバブル メディアからプログラムをインストールできるようになります。

このポリシーが有効になっている場合でも、ユーザーのセキュリティ コンテキストで実行されるインストールには影響はありません。既定では、ユーザーのセキュリティ コンテキストでインストールが実行されている場合、ユーザーはリムーバブル メディアからインストールできます。

このポリシーを無効にした場合、または構成しなかった場合、既定では、ユーザーのセキュリティ コンテキストでインストールが実行されているときのみ、リムーバブル メディアからプログラムのインストールができます。デスクトップ上や [プログラムの追加と削除] で提供されているインストールなど、システム特権を使ったインストールが実行されている場合、リムーバブル メディアからインストールできるのはシステム管理者のみです。

[インストールでリムーバブル メディア ソースを使えないようにする] ポリシー設定も参照してください。

とのことで。

う~ん。
使い道がわかりませんが。

ではでは。

良かったら

もし、参考になりましたら、下記リンクよりなにか購入していただいたらうれしいです。購入いただいた商品の売り上げの一部が当サイトへ還元されます。

還元された金額は当サイト運営費用の一部に充てさせていただきます。

楽天市場

Amazon

Yahoo!ショッピング

-Windowsコンポーネント
-,

© 2021 Windowsレジストリ置き場