IME

[GP]日本語 IMEのバージョンを構成する/以前のバージョンの MICROSOFT IME を使う

今回は、
「日本語 IMEのバージョンを構成する」で利用されているレジストリについてです。

内容
サポートされるバージョン -
キー HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\Policies\Microsoft\InputMethod\Settings\JPN
値の名前 ConfigureImeVersion
REG_DWORD
値の内容 0:無効
1:有効

このポリシー設定では、Microsoft IME のバージョンを制御します。
このポリシー設定を構成しない場合、ユーザーは使用する IME バージョンを制御できます。新しい Microsoft IME が既定でオンになります。
これを有効にすると、ユーザーは使用する IME のバージョンを制御できません。以前のバージョンの Microsoft IME が常に選択されます。
これを無効にすると、ユーザーは使用する IME のバージョンを制御できません。新しい Microsoft IME が常に選択されます。
このポリシー設定は、日本語の Microsoft IME にのみ適用されます。
注: この設定に対する変更は、ユーザーがログオフするまで有効になりません。

Active Directory等によるポリシー配信では問題ありませんが、バッチファイル等で適用する場合、ユーザー権限では変更できません。

そのため、ユーザー権限で変更する場合は、下記を利用すると良いでしょう。

内容
サポートされるバージョン -
キー HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\Microsoft\Input\TSF\Tsf3Override\{03b5835f-f03c-411b-9ce2-aa23e1171e36}
値の名前 NoTsf3Override2
REG_DWORD
値の内容 0:無効
1:有効

こちらであれば即時反映されるため、
C:\ProgramData\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\StartUp
へバッチファイルを設置すればログオンする際、自動的に設定を変更してくれます。

良かったら

もし、参考になりましたら、下記リンクよりなにか購入していただいたらうれしいです。購入いただいた商品の売り上げの一部が当サイトへ還元されます。

還元された金額は当サイト運営費用の一部に充てさせていただきます。

楽天市場

Amazon

Yahoo!ショッピング

-IME

© 2021 Windowsレジストリ置き場