Windows 10 Windows 7 Windows 8.1

[IE]「サードパーティ製のブラウザー拡張を許可する」レジストリ

今回は、
[IE]「サードパーティ製のブラウザー拡張を許可する」で利用されているレジストリについてです。

ユーザーの構成>管理用テンプレート>Windowsコンポーネント>Internet Explorer>インターネット コントロール パネル>[詳細設定]ページ

1.保存場所
HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Internet Explorer\Main

サポートされるバージョン:
Windows 2003 Service Pack 1 の Internet Explorer 6.0 以降
※Windows 2003はおそらくWindows Server 2003だと思います。

値:
Enable Browser Extensions(REG_SZ)

有効:yes
無効:no

このポリシー設定を使うと、Internet Explorer がツール バーのようなブラウザー ヘルパー オブジェクトである COM アドオンを起動するかどうかを管理できます。ブラウザー ヘルパー オブジェクトには、Internet Explorer のパフォーマンスまたは安定性に影響を与えるバッファー オーバーランのような不備がある可能性があります。

このポリシー設定を有効にすると、ユーザーのコンピューターにインストールされているブラウザー ヘルパー オブジェクトが自動的に起動します。

このポリシー設定を無効にすると、ブラウザー ヘルパー オブジェクトは起動しません。

このポリシー設定を構成しなかった場合、ユーザーのコンピューターにインストールされているブラウザー ヘルパー オブジェクトが自動的に起動します。

ではでは。

良かったら

もし、参考になりましたら、下記リンクよりなにか購入していただいたらうれしいです。購入いただいた商品の売り上げの一部が当サイトへ還元されます。

還元された金額は当サイト運営費用の一部に充てさせていただきます。

楽天市場

Amazon

Yahoo!ショッピング

-Windows 10, Windows 7, Windows 8.1
-,

© 2021 Windowsレジストリ置き場