コントロールパネル

[GP]「スクリーン セーバーを有効にする」で利用されているレジストリ

今回は、
[GP]「スクリーン セーバーを有効にする」で利用されているレジストリについてです。

ユーザーの構成>管理用テンプレート>コントロール パネル>個人用設定

確認バージョン:
Windows 2000 以降

1.保存場所
HKEY_CURRENT_USER\Software\Policies\Microsoft\Windows\Control Panel\Desktop

値:
ScreenSaveActive(REG_SZ)

データ:
有効:1
無効:0

注: この設定は非推奨であり、今後は使用できなくなります。代わりに、"ロック画面を表示しない" または "ロック画面スライドショーを有効にできないようにする" を使用してください。

デスクトップ スクリーン セーバーを有効にします。

この設定を無効にした場合、スクリーン セーバーは実行されなくなります。また、コントロール パネルの [個人用設定] または [画面] の [スクリーン セーバー] ダイアログにある [スクリーン セーバー] セクションが無効になります。そのため、ユーザーはスクリーン セーバー オプションを変更できなくなります。

この設定を構成しない場合、システム上の影響はありません。

この設定を有効にした場合、次の 2 つの条件を前提としてスクリーン セーバーが実行されます。まず、クライアント上の有効なスクリーン セーバーがクライアント コンピューター上の [スクリーン セーバーの実行可能ファイル名] 設定またはコントロール パネルを使用して指定されていること。次に、スクリーン セーバーのタイムアウトがこの設定またはコントロール パネルで 0 以外の値に設定されていること。

となります。

ではでは。

良かったら

もし、参考になりましたら、下記リンクよりなにか購入していただいたらうれしいです。購入いただいた商品の売り上げの一部が当サイトへ還元されます。

還元された金額は当サイト運営費用の一部に充てさせていただきます。

楽天市場

Amazon

Yahoo!ショッピング

-コントロールパネル
-, , , ,

© 2021 Windowsレジストリ置き場