Internet Explorer

[GP]「Javaのアクセス許可」で利用されているレジストリ

今回は、
「Javaのアクセス許可」で利用されているレジストリについてです。

1.グループポリシー
コンピューターの構成>管理用テンプレート>Windowsコンポーネント>Internet Explorer>インターネット コントロール パネル>セキュリティ ページ>インターネット ゾーン

2.サポートされるバージョン
Windows XP Service Pack 2 または Windows Server 2003 Service Pack 1 で Internet Explorer 6.0 から IE8 のみ

3.保存場所
HKEY_LOCAL_MACHINE/SOFTWARE/Policies/Microsoft/Windows/CurrentVersion/Internet Settings/Zones/3
1C00(REG_DWORD)
[安全性 - 高]:65536
[安全性 - 中]:131072
[安全性 - 低]:196608
[カスタム]:8388608
[Javaを無効にする]:0

となります。

このポリシー設定を使用すると、Java アプレットのアクセス許可を管理できます。

このポリシー設定を有効にすると、ドロップダウン ボックスからオプションを選択できます。アクセス許可の設定を個々に制御するには [カスタム] を選択してください。

[安全性 - 低] を選択すると、アプレットはすべての操作を実行できます。

[安全性 - 中] を選択すると、アプレットはサンドボックス (メモリ内の領域で、その外側にはプログラムは呼び出しを実行できない) 内で実行されます。また、スクラッチ領域 (クライアント コンピューター内の安全でセキュリティで保護された記憶域) やユーザーによって制御されたファイル I/O などの機能が利用できます。

[安全性 - 高] を選択すると、サンドボックス内でアプレットが実行されます。アプレットを実行しないようにするには、[Java の無効化] を選択してください。

このポリシー設定を無効にすると、Java アプレットは実行されません。

このポリシー設定を構成しない場合は、アクセス許可は [安全性 - 高] に設定されます。

とのことで。

ではでは。

良かったら

もし、参考になりましたら、下記リンクよりなにか購入していただいたらうれしいです。購入いただいた商品の売り上げの一部が当サイトへ還元されます。

還元された金額は当サイト運営費用の一部に充てさせていただきます。

楽天市場

Amazon

Yahoo!ショッピング

-Internet Explorer
-, , , ,

© 2021 Windowsレジストリ置き場