コントロールパネル

[GP]「コントロールパネルの[プログラムの追加と削除]ページを非表示にする」で利用されているレジストリ

今回は、
[GP]「コントロールパネルの[プログラムの追加と削除]ページを非表示にする」で利用されているレジストリについてです。

ユーザーの構成>管理用テンプレート>コントロール パネル>プログラム

確認バージョン:
Windows Vista 以降

1.保存場所
HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Policies\Programs

値:
NoProgramsCPL(REG_DWORD)

データ:
有効:1
無効:0

この設定では、ユーザーがカテゴリの表示のコントロール パネルの [プログラムの追加と削除] とクラシック表示の [プログラムと機能] を使用できないようにします。

コントロール パネルの [プログラムの追加と削除] では、ユーザーによるプログラムのアンインストール、変更、修復、Windows の機能の有効化と無効化、プログラムの既定値の設定、インストールされた更新プログラムの表示、Windows Marketplace からのソフトウェア購入を行うことができます。システム管理者がユーザーに公開または割り当てたプログラムも、コントロール パネルの [プログラムの追加と削除] に表示されます。

この設定を無効にした場合、または構成しなかった場合は、すべてのユーザーがカテゴリの表示のコントロール パネルの [プログラムの追加と削除] とクラシック表示の [プログラムと機能] を使用することができます。

この設定が有効である場合、このフォルダーの他の設定よりも優先されます。

この設定を有効にした場合でも、ユーザーは別のツールまたは方法でプログラムをインストールまたはアンインストールすることができます。

となります。

ではでは。

良かったら

もし、参考になりましたら、下記リンクよりなにか購入していただいたらうれしいです。購入いただいた商品の売り上げの一部が当サイトへ還元されます。

還元された金額は当サイト運営費用の一部に充てさせていただきます。

楽天市場

Amazon

Yahoo!ショッピング

-コントロールパネル
-, , ,

© 2021 Windowsレジストリ置き場