ローカルポリシー

[GP]「対話型ログオン:キャッシュする過去のログオン数(ドメイン コントローラーが使用できない場合)」のレジストリ

今回は、
「対話型ログオン:キャッシュする過去のログオン数(ドメイン コントローラーが使用できない場合)」で利用されているレジストリについてです。

コンピューターの構成>Windowsの設定>セキュリティの設定>ローカルポリシー>セキュリティオプション

内容
キー HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\Winlogon
値の名前 CachedLogonsCount
REG_SZ
値の内容 10 → キャッシュ10ログオン

対話型ログオン: キャッシュする過去のログオン数 (ドメイン コントローラーが使用できない場合)

一意なユーザーのログオン情報をそれぞれローカルにキャッシュし、その後のログオン試行中にドメイン コントローラーが使用できない場合でもログオンできるようにします。キャッシュされるログオン情報は過去のログオン セッションから保存されます。ドメイン コントローラーが使用できない場合、ユーザーのログオン情報がキャッシュされていないと、ユーザーに次のようなメッセージが表示されます。

現在、ログオン要求を処理できるログオン サーバーはありません。

このポリシーに 0 を設定すると、ログオン情報はキャッシュされません。50 より大きな値を設定しても、キャッシュされるログオン試行情報は 50 回までです。Windows では、最大 50 のキャッシュ エントリをサポートし、各ユーザーによって使用されるエントリの数は、資格情報によって異なります。たとえば、Windows システムではユーザーごとに最大 50 の一意のパスワードをキャッシュできますが、スマート カードのユーザー アカウントの場合は、パスワード情報とスマート カード情報の両方が保存されるため、25 のスマート カード ユーザー アカウントしかキャッシュできません。キャッシュされたログオン情報を持つユーザーがもう一度ログオンすると、ユーザーの個々のキャッシュ情報が置き換えられます。

既定値:

Windows Server 2008: 25

他のすべてのバージョン: 10

ではでは。

-ローカルポリシー

© 2020 Windowsレジストリ置き場