Windows 10 Windows 7 Windows 8.1

[IE]「証明書エラーを無視できないようにする」レジストリ

今回は、
[IE]「証明書エラーを無視できないようにする」で利用されているレジストリについてです。

ユーザーの構成>管理用テンプレート>Windowsコンポーネント>Internet Explorer>インターネット コントロール パネル

1.保存場所
HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Internet Settings\

サポートされるバージョン:
Internet Explorer 7.0 以降

値:
PreventIgnoreCertErrors(REG_DWORD)

有効:1
無効:0

このポリシー設定は、Internet Explorer での閲覧を妨げる Secure Sockets Layer/トランスポート層セキュリティ (SSL/TLS) 証明書エラー (期限切れ、失効、名前の不一致などのエラー) をユーザーが無視できないようにします。

このポリシー設定を有効にすると、ユーザーは閲覧を継続できません。

このポリシー設定を無効にするか、構成しない場合、ユーザーは証明書エラーを無視して閲覧を継続できます。

ではでは。

良かったら

もし、参考になりましたら、下記リンクよりなにか購入していただいたらうれしいです。購入いただいた商品の売り上げの一部が当サイトへ還元されます。

還元された金額は当サイト運営費用の一部に充てさせていただきます。

楽天市場

Amazon

Yahoo!ショッピング

-Windows 10, Windows 7, Windows 8.1
-

© 2021 Windowsレジストリ置き場